白河関跡小高い丘の入口にある「白河関跡」。右手には白河藩主松平定信が1800年に建てた古関蹟碑があり、木々に囲まれてたその姿は歴史を物語るようです。


杉の木古関蹟碑のすぐ脇には裂けてもなお上へと伸び続ける木があり、この地のパワーを感じることができます。
また、すぐ近くには「庄司戻しの桜」や「旗立の桜」、従二位の杉、矢立の松などの名木もあります。


白河神社参道階段を上ると、伊達正宗が寄贈したとも伝えられる白河神社社殿があるほか、近くには古歌碑もあり、松尾芭蕉をはじめ多くの歌人が白河関の詩を残しています。


歌碑隣の白河関の森公園駐車場からも気軽に歩ける距離でした。また、4月中旬に咲くカタクリの名所としても知られているようですね。


ホームページ:白河観光物産協会-白河関跡

 ブログランキング・にほんブログ村へ