厳島神社から実行委員長を乗せた本日のつつこが担ぎ出され、会場を巡行します。

途中では、伊達市商工会女性部の豆っこ汁PRキャラクター「まめっち」も応援していました。

つつこ引き祭り

ひと巡りすると、縁起物の紅白餅が撒かれます。小さなお子様には危ないのですが、今年はお子様に事前に餅をひとつずつ配っていたので、子ども達も安心ですね。

手を振ると2回くらい近くに撒いてもらえたのですが、カメラを持っている片手ではさすがにキャッチできませんでした(^^;

鏡開きでつつこ引き祭りの幕が上がると、一番乗り競争が始まります。

つつこ引き祭り

今年の一番乗りは…?

圧倒的でした!

つつこ引き祭り

そして、いよいよつつこの引き合いが始まります。

つつこの重さは約800キログラムになるそうですが、今年は雨の中。

参加者たちが各チームごとに息を合わせ、少しずつ持ち上げたり下したりを繰り返し、つつこを動かしていきます。

激しく上げ下ろしされたつつこのワラは少しづつほつれ…。

つつこ引き祭り

会場周辺では、多くの露店が出店されているほか、つつこ引きの最中に行われる神楽奉納も見逃せません。

さて、つつこ引きに戻ると、ほつれた縄を上手く捉えた黄色い鉢巻き(中地区?)チーム。

勢いに乗った中地区を上・下地区共に力を合わせて阻止しようと粘ります。

つつこ引き祭り

今年は、十数分で100m近い距離を引いた黄色い鉢巻きチームが勝利しました。

つつこ引き祭り

勝敗が決したつつこは解体され、つつこを開くと中からの湯気が一気に広がります。

勝利チームと各賞の表彰が行われますが、つつこの引手として21回も参加されている方が表彰されていました。

伊達市つつこ引き祭りは迫力ある引き合いが間近で見られることもあり、気がついたら3年連続で訪れています♪

3年目になると色々進行が分かってきたので、ベストポジションを色々いただいちゃいました~(^^)

そして、誰も気づかないところで、個人的に一番縁起のいいワラをいただいて神棚に飾りました。

ホームページ:伊達市-つつこ引き祭り伊達市観光物産協会-つつこ引き祭り

 ブログランキング・にほんブログ村へ