福島市佐原にある慈徳寺のしだれ桜。樹齢は300年以上、450年とも言われ、この桜が咲くのを目安に種まきを始めた事から、種まき桜と呼ばれています。

暖かい今年は昨年とほぼ同時期に訪れた2015年4月16日にはほぼ満開となっていました。

慈徳寺の種まき桜

近くには吾妻小富士もあり、同じように種まきウサギと言われていますが、この周辺は麓の山に阻まれ見えない場所になっています。

もしかすると、中腹にある慈徳寺を雪うさぎのように見ていたのかもしれませんね。

慈徳寺の種まき桜
慈徳寺の種まき桜

あづま総合運動公園付近から見ることもできる慈徳寺の種まき桜は樹齢450年。遠くからもその存在を知ることができます。

2014年4月15日現在、西側のみ開花していましたが、大きく天から降り注ぐように張る枝は迫力。観覧デッキもありその幹・枝の年月を感じることもでき、パワーも貰えそうなスポットです。

ホームページ:福島市観光コンベンション協会-福島を観光する

 ブログランキング・にほんブログ村へ