福島県の春を告げる矢祭町の推定樹齢500年エドヒガンザクラ戸津辺の桜。

国道118号線から道の駅はなわを約2kmほど南へ上ると水郡線と交差する手前の高台に大きな桜の木を見ることができます。

戸津辺の桜

高台に立つ樹高約17mの桜の木は遠くから見ても美しいのですが、近くまでくると大きく広がる枝ぶりに今もなお元気に花を咲かせる生命力を感じることができます。

戸津辺の桜

訪れた2014年4月4日(土)には満開。

今年は一気に暖かくなり、福島市でも見ごろの桜が多いのですが、戸津辺の桜で福島県の桜の季節の始まりを感じてみました。

この日は色々巡り夕方に訪れたのですが、写真を撮るなら午前中~お昼の方が良いのかもしれませんね。

ホームページ:矢祭町-観光

 ブログランキング・にほんブログ村へ