東日本大震災により被災した原釜尾浜海水浴場は、現在も利用できない状況が続きますが、着実に復旧・復興が進んでいるのを感じることができます。

原釜尾浜海水浴場

相馬市伝承鎮魂記念館では、被災当時の様子をパネルで見ることができるほか、近くには、東日本大震災の犠牲となった相馬市民458名の慰霊碑もあり、寄り添う奇跡の藤棚や花を手向け祈りを捧げる人たちの姿も。

原釜尾浜海水浴場

海水浴場もカニさんのトイレやクジラの更衣室が撤去され、散策できるようになっています。
松川浦大橋や鵜ノ尾岬灯台など、未だ通行不能となっている場所もありますが、周辺整備や護岸工事、防波堤工事が進んでいます。

原釜尾浜海水浴場

2015年9月22日は快晴の秋空。海釣りや浜を散策する方たち、また、訪れたお昼時には、相馬市松川浦観光振興グループの旅館や食堂など、海産物や海鮮料理を求める多くの方々で賑わっていました。
大きな海と広がる高い空のもと、東日本大震災の記憶に思いを馳せ、新生そうまへと進んでいく力強い姿を感じ取ることができる場所です。

東日本大震災発生から4年半。一日も早い復旧・復興をお祈りします。

ホームページ:相馬市-原釜尾浜海水浴場のご案内相馬市観光協会相馬市松川浦観光振興グループ相馬商工会議所相双ビューロー

 ブログランキング・にほんブログ村へ