平成18年のオープンから今年で10周年を迎える野馬追通り銘醸館は、南相馬市役所から雲雀ヶ原祭場地方面へ向かう、かつて宿場町として栄えた県道120号線野馬追通りにあります。

野馬追通り銘醸館

道路沿いのレンガ色の洋館をはじめ、蔵等は旧松本銘醸の建築物を再生したもの。

交通量の多い通り沿いのため、洋館がある東門を見つけても入りにくい印象があったのですが、駐車場は反対側の西門から入るか、南相馬市市役所駐車場、または市民文化会館向かいの駐車場になりますので、まずは駐車場を確認してから行くのがおススメです。

野馬追通り銘醸館

洋館は南相馬観光協会の事務所となっており、観光案内やパンフレットが入手できるほか、相馬野馬追関連グッズや南相馬市のお土産などが購入できる「まちの駅」となっています。

そして、敷地を囲むように建てられている蔵は、旧松本銘醸の酒蔵等を改装したもので、酒蔵の歴史を偲ぶ氷室蔵や、相馬野馬追関連展示がある明治蔵、市民から寄贈された懐かしい展示品が揃う昭和蔵、イベントやギャラリーとして利用されている一番蔵、二番蔵があります。

野馬追通り銘醸館

洋館の裏手にある大正時代の日本家屋では、旬の食材が美味しく味わえるランチなども人気で、訪れた当日は貸切となっていました。

野馬追通り銘醸館

ホームページでは予約を勧めているようですよ。

元旦には神楽舞の披露や期間ごとの企画展など、ホームページもチェックしてお越しください。

ホームページ:野馬追通り銘醸館 ,南相馬市 > 野馬追通り銘醸館


 ブログランキング・にほんブログ村へ