城下町としての風情あふれる棚倉町の「時の鐘」は、川越市との交流の象徴として、川越市の「時の鐘」をモチーフに作られたそうです。

個人的に棚倉町へ訪れた際には、亀ケ城公園・棚倉城跡を目指すランドマークとしても使わせていただいていました。

毎年12月になると、棚倉冬のイルミネーションとして、冬の季節を鮮やかに彩っていました。
(2016年度は2017年1月中旬までとの事でしたが、2017年度については執筆時点で不明)

時の鐘イルミネーション

櫓の上には棚倉町のご当地キャラクター「たなちゃん」が輝いています。

たなちゃんは、城下町の住民として、ちょんまげを結って、ぞうりを履いているそうですよ。

時の鐘イルミネーション

このポケットパークは交差点に位置しているため、南側から見る様子と、西側から見る様子が変わっていて、写真も撮影し甲斐がありました。

西には、棚倉の歴代藩主を紹介した案内板もあるので、歴史に興味のある方は必見ですね。

時の鐘イルミネーション

また、時の鐘の下はベンチになっており、憩いの場として寛げるスペースになっていました。

4月は十万石棚倉城まつり、9月には新棚倉藩物語-町まるごと博物館-など歴史に関するイベントに加え、このイルミネーションも歴史に触れる良い機会になりそうな時の鐘ポケットパークでした。

ホームページ:都市公園 – 棚倉町 棚倉町商工会青年部

 ブログランキング・にほんブログ村へ