国道349号線沿い、川俣町小島地区には岩阿久という地名があり、某ゲームキャラクターと同じ名前!?と話題になった場所があります。

川俣町 長寿山桜街道

この漢字は岩阿久(いわご)と読むそうですが、今回はその話題ではなく…。

すぐそばの道路沿いに立てられた一つの看板から始まりました。

田村市・いわき市方面へ訪れる際、幾度となく通る国道349号線。

桜の季節でふと見つけた「長寿山桜街道」の看板。

川俣町 長寿山桜街道

帰り足だったのですが、国道349号線付近には桜の名所も多く、きっとここも名所に違いないと道を逸れ、訪れようとしたことがありました。

しかしながら、まったく検討もつかず、辺りに桜の木の1本すら見えない。

あの看板は何だったんだろうと、その時は岐路へとつきました。

その後、通るたび、何だったんだろうと思い出しますが、いつの間にか年月も過ぎ、すっかり記憶の外へ…。

それからいったい、どのくらいの年数が過ぎたのでしょうか?

2018年3月、以前から計画していた「福島県を代表する桜の名所が粒揃い あぶくま高地 国道349号線で行く桜めぐり 」を書き上げ、周辺の桜スポットマップを作っていると…。

地図

「福が満開、福のしま。」福島県観光復興推進委員会ホームページ ふくしまの旅にて、川俣町にある「長寿泉の桜 」の記載を発見!

しかも、国道349号線からも近そうと、再び訪問する決意を固めるのでした。

川俣町 長寿山桜街道

国道349号線から側道に入り道を進むと…、さっそく小さな「長寿山→」の案内板を見つけました。

下調べした地図とは反対方向?と思いながら、案内板を優先して矢印の方へと進んでいきます。

何件か住宅もあり、とんでもないところに行くことはなさそうと、山道をぐんぐん登りました。

ところが、すぐに住宅の気配が消え、数年前と同じように、やっぱりどこ?という気持ちも…。

でも、今回は違います。

「長寿山→」の案内板を見つけたんですから!

すると思いが通じたのか、山中にピンク色の塊が!

ずーっと遠くに…。

ここまで来たからには行ってやる!と気持ちを奮い立たせ、ようやく「長寿山桜街道」へと訪れる事ができました。

川俣町 長寿山桜街道

始めは、少しずつだった桜並木も。

川俣町 長寿山桜街道

峠道のカーブがきつくなるたび密集度が増してきます。

そして、一番厳しいカーブを過ぎると、長寿山桜街道の一番の眺望スポットが姿を現しました。

川俣町 長寿山桜街道

つづら折りを過ぎると、ちょっとした駐車スペースがあったので、ようやく安心して桜を撮影していると…。

下の方から坂道を一生懸命登る、かん高いエンジン音が。

川俣町 長寿山桜街道

今まで、一台もすれ違う事がなかったのに、不思議と車が次々とやってきました。
(あの、誰もいない、どこに行くんだろうの緊張感はいったい…。)

そのまま、「長寿泉」の名前を聞いていたので、水が出ているポイントを探します。

川俣町 長寿山桜街道

この水は、その名の通り、飲むと10年長生きするといわれているそうですよ。

そして、長寿山登山口の駐車場までたどり着くと…。

川俣町 長寿山桜街道

川俣町や周囲の山々を一望できる景色が広がっていました。

そして、車を停めて、桜を見ている間も次々と車が…。

通り過ぎてく!?

川俣町 長寿山桜街道

ここまできて、ようやくナビを見ると、国道399号線へ繋がっているようでした。

山越えして国道399号線へ出てしまうと遠回りになるので、この日は折り返しましたが、ちょっとこの先への興味も尽きないところ。

色々と巡ってはいるのですが、まだまだ知らない場所もたくさんありますね。

意外なスポット発見に久しぶりに冒険心を満たされるのでした。


福島県を代表する桜の名所が粒揃い あぶくま高地 国道349号線で行く桜めぐり
福島県を代表する桜の名所が粒揃い あぶくま高地 国道349号線で行く桜めぐり
車で桜めぐりをするには最適なコース。
国道349号線周辺の桜スポットは「福島県を代表する桜の名所が粒揃い あぶくま高地 国道349号線で行く桜めぐり 」にてまとめています。
ふくしまの桜50選+α
ふくしまの桜50選+α
当サイトでは、 ふくしまの桜50選+α にて福島県内の桜スポット情報、桜開花情報リンクなどもまとめていますので、こちらも参考にしていただければ幸いです。

長寿山桜街道 スポット情報

見ごろ期間 4月中旬~下旬
住所 川俣町小島
交通・駐車場 国道349号線から長寿山方面へ約3km
長寿泉を過ぎると登山者向けとみられる駐車場有
道幅が若干狭いので通行にご注意を。
見どころ つづら折りで密集度を増す桜並木。
ホームページ 川俣町の山~太郎坊山・長寿山 – 川俣町
花の名所 – 川俣町

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ