いわき・ら・ら・みゅうや小名浜美食ホテル、小名浜マリンブリッジなど、様々な施設が集合する、いわき市小名浜アクアマリンパーク。

アクアマリンふくしま
2017年夏に訪れた際に周辺を散策すると、アクアマリンふくしま周辺の様子が明らかに変わっており、中はどうなっているのかな~?と密かに気になっていました。

前回の様子は「いわき市小名浜の観光・交流拠点 アクアマリンパークと東港を結ぶ小名浜マリンブリッジ一般開放 」からどうぞ。

以前は、建物の前まで行くことができた場所には、新しい展示「わくわく里山・縄文の里」が2015年7月に誕生。

前回訪れたのが2015年1月だったので、そのすぐ後だったんですね…。

アクアマリンふくしま

縄文時代の豊かな自然を再現したというこの屋外展示には、絶滅した「ニホンカワウソ」にも似た「ユーラシアカワウソ」のほか、日本の固有種「コシジロヤマドリ」が展示。

アクアマリンふくしま

コシジロヤマドリのクリッとした目はなぜか郷愁を感じてしまいましたね。

アクアマリンふくしまの敷地内に入ってすぐ、テオ・ヤンセン氏の代表的な作品のひとつ、アニマリス・ユメラス・セグンダスが展示。

時間帯によっては動いている様子も見れたとか!

テオ・ヤンセン展

テオ・ヤンセン氏の作品の魅力は、幾何学的な構造と生物を模していること、そしてその作品がうねうねと動くことです。

ユーラシアカワウソの前には、アニマリス・サブローサ・キューティスが展示してあり、混雑にカワウソを取るか、展示物観賞を取るかの状態でしたが、私は迷わず、↓こちらを選択しました。

テオ・ヤンセン展

ネットで検索すれば、どのような動きをするのかすぐに分かってしまいますが、想像するのも楽しみのひとつですね。

さて、わくわく里山・縄文の里を抜け、本館へと進みます。

アクアマリンふくしま

エントランスのガラス張りで明るい雰囲気から一転、暗い展示室の中でシーラカンスのオブジェはいつものように迫力です。

アクアマリンふくしま

そして、アクアマリンふくしまの魅力のひとつは、水槽の中に自然光を取り入れていること。

海の底から感じる太陽光のゆらめきは、まるで海底を歩いているような感覚ですね。

アクアマリンふくしま

この自然光は、アクアマリンふくしまの見どころ、潮目の大水槽にも降りそそぎます。

アクアマリンふくしま

イワシをはじめ、サンマやカツオなど、光を受けてキラキラと輝きながら泳いでいます。

そうそう、水族館で「美味しそう」という感覚を持つのは日本人だけなのだとか!?

そんなご要望にお応えして?潮目の大水槽前には、こんなお店もオープン!

アクアマリンふくしま

寿司処「潮目の海」

なんと、大人気で準備中。

中では、職人さん?が忙しそうに準備に追われていました。

隣のクラゲ水槽前にはカウンターもあり、クラゲや潮目の水槽を見ながらお寿司をパクリとするのも、日本人ならではの感覚なのかもしれませんね。

館内をぐるっと巡ると、釣り体験や蛇の目ビーチがある屋外へ。

アクアマリンふくしま

実際に、普段食している魚を見ることだけでなく、触れたり出来るのもアクアマリンふくしまの魅力のひとつです。

アクアマリンふくしま

蛇の目ビーチの手前には、淡水のキッズビオトーブ「BIOBIOかっぱの里」も広がります。

アクアマリンふくしま 2013
ちなみに、2013年に蛇の目ビーチが再オープンした時の様子がコチラの写真なので、随分と変化を遂げている様子が伝わると思います。

こちらの詳細は「蛇の目ビーチが再オープンし潮干狩りも再開! いわき市 アクアマリンふくしま 」をご覧ください。

アクアマリンふくしま

ビオトーブでは、水の中を覗くレンズや水面の上からもメダカを見ることができました。

そして、木道を歩き進んでいると、どこからともなく大きなカエルの鳴き声が響きます。

アクアマリンふくしま

しかし、野草に紛れて姿は確認できず、人の気配から隠れてのびのび生活しているのですね。

今回、潮目の大水槽近くに、ふくしまの海~大陸棚への道~が4月27日オープンしましたが、混雑していたため、次の機会にレポートできればと思います。

館内出口へ向かう途中、再び、テオ・ヤンセン氏の作品が並びます。

テオ・ヤンセン展

たくさんの作品を見て満足したのですが、途中、お土産店でミニリノセロスを購入し、組み立て、引き続き自宅でも楽しみました。

アクアマリンふくしま

2018年5月18日・19日いわき市にて開催の太平洋・島サミットを控え、アクアマリンふくしまは、環境や漁業などを学べる施設として誇れる存在ですね。

アクアマリンふくしま スポット情報

主なイベント 2018.3.3~5.6 テオ・ヤンセン展 in ふくしま
2018.11.5~10 第10回世界水族館会議
2017.8.1~9.18 わくわくアクアマリン
2017.9.16~18 アクアマリンこどもまつり
2017.10.28~29 ハロウィーン・ギョスプレフェスティバル
2017.11.25~12.25 アクアマリンクリスマス
2017.12.22~2018.1.8 アクアマリンのお正月
2018.2.10~3.4 アクアマリンのひな祭り
2018.4.28 HAPPY OCEANS
住所 福島県いわき市小名浜辰巳町50
交通・駐車場 いわき市国道6号バイパスから案内板に従い小名浜港へ。
アクアマリンふくしまの目の前に駐車場有。
GW中は、コンビニ裏手や3号埠頭にも臨時駐車場を設置していました。
見どころ 自然環境と触れ合える多数の環境展示やイベント。
ホームページ アクアマリンふくしま
テオ・ヤンセン展 in 福島

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ