あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

安達太良山と阿武隈川の間にある二本松市の鞍石山。

智恵子の生家・智恵子記念館から約1kmほど北へ登ったところに智恵子の杜公園があります。

智恵子の杜公園 みはらしの広場

ここは、高村光太郎智恵子がよく散歩し、

“あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。”

から始まる詩「樹下の二人の舞台となった場所を整備した公園となっています。

山頂付近にある、みはらしの広場には、展望台が設置され、

智恵子の杜公園 みはらしの広場

見下ろす町並みは当時の風景を思い起こさせるようです。

智恵子の杜公園 みはらしの広場

さて、あじさいの花というと…。

みはらしの広場前の駐車場から、愛の小径(こみち)と呼ばれる散策路脇を彩っていました。

智恵子の杜公園の紫陽花

散策路を辿って行くと、途中、詩碑がありますが、地元有志の方たちに建てられたものだそうで、この場所を大切にしたいという思いが伝わってくるようです。

智恵子の杜公園 「樹下の二人」(智恵子抄)詩碑

この詩碑が愛の小径“あじさいロード”の終点かと思いきや、

ふと、小径の先に目をやると、まだまだ先に続く様子が伺えます。

智恵子の杜公園の紫陽花

狭い道を通り抜けると、そこは彫刻の丘

彫刻家でもあった光太郎に敬意を払うように、いくつもの彫刻が並び、景色を彩ります。

智恵子の杜公園 彫刻の丘

さらに進むと多目的遊具がある、ふれあいの広場へ。

ここからは、市街地の様子を伺う事ができました。

智恵子の杜公園の紫陽花

樹下の二人の詩の中にあるように、白壁の点々を見つけられるかどうかはお試しください。

ここまで来るのに、随分と歩いてきたような気がしましたが、まだ道程は半分ほどでした。

智恵子の杜公園マップ

地図によると、智恵子の生家・智恵子記念館まで続いているようです。

下まで降りてしまうと、また駐車場まで戻るのも大変なので、今回はこの辺りまで。

私の足跡は、写真で残しておくこととしました。

智恵子の杜公園の紫陽花

智恵子の杜公園は、桜の名所としても親しまれているそうなので、桜の季節やもう少し涼しい季節にもまた、訪れてみたいですね。

智恵子の杜公園の紫陽花 スポット情報

住所 福島県二本松市油井字庚申山
交通・駐車場 二本松市県道114号線(旧国道4号線)より智恵子の生家・智恵子記念館方面へ。
智恵子記念館入口交差点より約1kmほど北西へ。
智恵子の生家・智恵子記念館北側山中にあり、付近からの散策も可能。
みはらしの広場、ふれあいの広場に駐車場・トイレあり
見どころ 麓まで約1kmに亘り続く愛の小径とあじさい。
その他イベント 2018.4.7~5.6
智恵子の生家二階 期間限定公開
ホームページ 智恵子の杜公園 – 二本松観光連盟

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ