2018年7月は観測史上の最高気温を更新しているほか、7月の猛暑日数の連続記録を更新するなど、各地で暑い日が続いています。

2018年7月21日には猪苗代町にて涼んだものの、福島市内では相変わらずの猛暑日と熱帯夜。

そこで、夏の星空観賞と合わせて、磐梯朝日国立公園 浄土平へと向かうこととしました。

浄土平は福島市街地から約30km 車で約1時間、途中、つばくろ谷からは福島市街地の夜景を見ることもできます。

到着すると、標高1600mの浄土平には涼しい風が吹き、少し肌寒さを感じるくらいでした。

それもそのはず、浄土平では日によって10℃以上の気温差があるそう。

そして、夜は何より星が近い!キレイ!

早速、車からカメラを取り出し、駐車場の様子と、吾妻小富士、星空の写真を撮影します。

浄土平駐車場

西側にはまだ月が出ているため、どうしても明るいのですが、麓では味わえない景色です。

そして、2018年は7月28日(土)~8月18日(土)までの毎週水・金・土曜日、星と自然の浄土平まつり内の浄土平天文台イベントとして、20~22時に行われる星空観望会では、大型望遠鏡での星空観察もできるそうですよ。
※イベント期間外5月末~10月の水・土曜には夜間開館も行われています(天候状況により中止の場合あり 開催情報:浄土平天文台☆彡 )。

浄土平駐車場

7月21日(土)にも夜間開館が行なわれていましたが、ちょっと来るのが遅かったようです…。

そして、普通に星空を眺めていても、明らかに明るい星がひとつ。

浄土平駐車場

2018年は火星が地球に大接近(参照:国立天文台 )。

夏から秋にかけて、15年ぶりに大接近した赤く輝く火星も楽しめます。

浄土平駐車場

夜の浄土平では、駐車場の端に腰を下ろしたり、寝そべったりと多くの方が夏の星空を楽しんでいました。

こうした夏の夜の楽しみ方も良いですね♪

福島県内では、田村市の星の村天文台 や三春町のさくら湖自然観察ステーション 星を見る会 」、鮫川村の鹿角平天文台 、南会津町会津高原たかつえカントリークラブでの星空観察会「HOSHINAJO 」、三島町美坂高原「星空×ヨガ 」などの施設やイベントを通して、星空を楽しむこともできます。

※2018年9月15日吾妻山の噴火警戒レベルが2に引き上げられたことにより磐梯吾妻スカイライン通行止めとなっております。
※2018年8月10日より、台風13号に伴う大雨の影響で磐梯吾妻スカイラインの不動沢橋~浄土平間が通行止めとなっております。浄土平へは土湯峠側をご利用ください。
交通状況については、浄土平・吾妻山 – 自然公園財団 ホームページ等をご確認ください。

浄土平 スポット情報

見ごろ期間 5月中旬~10月下旬(磐梯吾妻スカイライン開通は4月中旬~11月中旬)
※気候状況により時期に変動があります
住所 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山
交通・駐車場 福島市街地から高湯街道を通り車で約30km(1時間)
駐車料金 二輪車200円 乗用車 500円 など
夜間無料開放(時間不明)
見どころ 市街地からの標高差1500mで見る星空
関連イベント 2018.7.28~8.19 星と自然の浄土平まつり
2018.4.17 磐梯吾妻スカイライン再開通
ホームページ 浄土平ビジターセンター
福島市浄土平天文台
浄土平レストハウス
浄土平便り(磐梯吾妻スカイライン) – 福島市観光コンベンション協会
吾妻・浄土平自然情報センター

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ