福島県産果物を使用した農産物の6次化を目指す醸造所は、今回訪れる2015年10月郡山市逢瀬町に完成した「ふくしま逢瀬ワイナリー」のほか、

二本松市「ふくしま農家の夢ワイン 」といわき市「いわきワイナリー 」と県内の3箇所、

新鶴ワイン (ミサトノJP 2010年ブログより)でお馴染みの会津美里町新鶴地区では、ワイン工房あいづ (ホンダワイナリー)も「会津美里町ワイナリー」の設立準備を進めています。

その他、ワインとしては、サッポロビールが販売する田村市産山ブドウを使用したあぶくまわいん北醇 などもありますね。
※その他 キリン・メルシャン 新鶴シャルドネ など。

日本酒だけでなく、果実酒も盛んな地域になろうとしている福島県。

今年も少しづつ秋が近づき、ぶどうの収穫時期を迎えようとしている2018年8月25日(土)26日(日)、ふくしま逢瀬ワイナリーにて、ふくしまワイナリーフェスというイベントが行われるということで、2日目の8月26日に訪れてきました。

ふくしま逢瀬ワイナリーには以前から訪れたいと考えていたものの、相変わらずの無計画で…。

場所も休石温泉の手前だよねー。くらいの感覚で、県道6号線を猪苗代方面へ西走します。

すると、浄土松公園付近で、「第3臨時駐車場」の看板を発見!

臨時駐車場ということは、訪問者も多い?

その後、すぐに「第2臨時駐車場」の看板を見つけると、慌てて臨時駐車場へと車を停めるのでした…。

シャトルバスも料金200円は確認したものの、来たら乗ればいいんでしょ?ぐらいの感覚でしたが、

たまたまスタッフの方に声を掛けていただき、紙製リストバンド型のシャトルバス利用券を購入。

今どきのシステムは、こんな風になっているんですねー。

50台ほど停車できる第2臨時駐車場もほぼ満車

シャトルバスに乗っている間、ふくしま逢瀬ワイナリーには駐車できなかったなどの話を聞き、早めに臨時駐車場へ入って正解だったと安堵するのでした。

そんなこんなで、ふくしま逢瀬ワイナリーへ到着!

ふくしまワイナリーフェス

会場内は賑わい、ワイナリー前の芝生には約20店ほどの出店が並びます。

出店には、ワインと合いそうな肉料理だけでなく、ピザ・ガレット・豆腐・蒟蒻・鯉バーガーなど豊富なフード出店のほか、郡山市産農産物なども。

ふくしまワイナリーフェス

ワインは、ふくしま農家の夢ワインいわきワイナリーのほか、宮城県の秋保ワイナリー 、郡山市の酒造 仁井田本家 も出店していました。

ふくしまワイナリーフェス

車で来場したため、ワインやお酒を楽しむことは叶いませんでしたが、郡山市産トマトのジュースを堪能。

ふくしまワイナリーフェス

塩や調味料の入っているものがあまり好きでないので、普段はトマトジュースをあまり飲まないのですが、無塩でトマトの味を楽しめるトマトジュースでしたよ。

イベントとしては、ワイナリー見学親子で楽しめるぶどう狩りツアーも行われていましたが、あっという間に満席

案内は聞けないものの、ショップも兼ねている施設内へと訪れました。

ふくしま逢瀬ワイナリー

ふくしま逢瀬ワイナリーは、桃や梨のリキュール、林檎のシードルを販売していますが、他の農園で製造したフルーツジュースやアップルパイなどのスイーツ、ドライフルーツを使用したサングリア用ボトル、蜂蜜を使った商品など、様々な6次化商品が取扱いされていました。

店舗の奥、ガラスの向こうには醸造所や樽があり、製造工程なども覗き見ることができます。

ふくしま逢瀬ワイナリー

実は、桃や梨のリキュール、林檎のシードルの販売をしているものの、ワインが無かったことに気づいたでしょうか?

建物の東側には、ワイン用ブドウ実証圃場の施設がありました。

ふくしま逢瀬ワイナリー

施設が完成してから3年。

ワイン用ブドウを生育してから3年。

ふくしま逢瀬ワイナリー

今秋、ワイン用ブドウが収穫できるようになり、冬にはふくしま逢瀬ワイナリー製造のワインが誕生する予定だそうです。

もちろん、ワイン用ブドウは契約農家さんも生産しているそうなので、ワイン好きの皆さんもご安心ください。

これから、秋・冬を迎えるにあたり、福島市のワイン・ヴァン・ヴィーノ をはじめ、ふくしま農家の夢ワインや新鶴ワイン祭り など、様々なワイン関連イベントが行われると思います。

福島県の地酒は、日本酒だけでなく、これからは、果実酒、ワインにも注目ですね。

ふくしまワイナリーフェス イベント情報

開催日時 2018年8月25日(土)26日(日)
ふくしまワイナリーフェス – ふくつぶイベント情報
住所 福島県郡山市逢瀬町多田野字郷士郷士2番地
交通・駐車場 郡山市国道4号線から県道6号線猪苗代方面へ 郡山駅から約15km
イベント時施設内車両乗り入れ不可。県道6号線付近3ヶ所の臨時駐車場(逢瀬公民館・園芸振興センター・平川物流センター隣)に駐車し、シャトルバス(1日200円)にて来場。
見どころ 県内産ワインや郡山産日本酒、農産物、フード出品や見学・体験イベント
ホームページ ふくしまWinery Fes
ふくしま逢瀬ワイナリー
ふくしまワイナリーフェス – 郡山市観光協会

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ