14 C
Fukushima, Japan
2018年5月21日(月)

福島県内最大の巨大な雪像がシンボル 只見ふるさとの雪まつり 2014

花火大会の写真に惹かれて、大雪が降る中日帰りの強行スケジュールで只見ふるさとの雪まつりに行ってきました。 雪像はもちろん、厄払いの儀ではたいまつが焚かれて、火を見るとテンションが上がりますね。 只見ふるさとの雪まつり2014 大雪が降る中、雪中花火大会が行われ写真を撮るのは難しかったの...

水車の音が響く伝統的建造物群 南会津町前沢曲家集落

案内所駐車場から、舘岩川に架かる橋を渡り、集落へと入っていくとまず目に入ってくるのは「水車」。 農村でよく見られた、集落から流れてくる水を引いて動かす「水車」と米やあわ、キビ等をつく「バッタリ小屋」は、平成9年うつくしまの音30景 に指定。 前沢曲家集落 現在では当たり前のように使える...

南会津町に春を告げる花 南会津町 中小屋集落の福寿草

長い冬を地中で過ごし、雪解けとともに姿を現し春を告げる福寿草。 中小屋集落の福寿草 道の駅きらら289から国道289号線を下郷町方面へ500mほど向かった道路沿い。 道路からは数輪見えるだけですが、少し歩みを進めるだけで多くの福寿草が迎えてくれます。 中小屋集落の福寿草 4月中...

県指定重要文化財の楼門に寄り添い咲く 南会津町 南泉寺のしだれ桜(平七桜)

南会津町国道289号線を田島地域から南郷地域へと向かう途中、田んぼが多く見晴らしが良くなったころ「南泉寺」の看板を目にすることができます。 この南泉寺には、1794年に農民による寄付金で立てられた、福島県指定重要文化財となっている茅葺き屋根の楼門があります。 南泉寺楼門 楼門をくぐると...

季節に応じて自然の景色を堪能できる 下郷町 観音沼森林公園

2008年9月21日に開通した国道289号線甲子道路をキッカケに多くの人達が下郷町をはじめとした南会津地域へ訪れやすくなりました。 (参照:国土交通省 東北地方整備局 郡山国道事務所 > 国道289号 甲子道路) 私自身も、中通り県北地域から会津若松市国道118号線コース、柳津町国道2...

百万年の浸食と風化が作りだした自然の造形美 下郷町 塔のへつり

国指定天然記念物、下郷町にある「塔のへつり」。 塔のへつり 「へつり」とは会津地方の方言で危険な崖を意味しているそう。 塔のへつり 百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し、阿賀川に映る景色や塔のように形作られた崖など、見事な景観を創だしています。 塔のへつり ...

鎮守の森に佇む農村歌舞伎舞台 国の重要有形民俗文化財 南会津町 大桃の舞台

南会津町の国指定有形民俗重要文化財「大桃の舞台」。 大桃の舞台 民宿街を歩いていくと、木々の中に現れる舞台の存在感は思わず眺めていたくなってしまいます。 大桃の舞台 ライトアップや郷土芸能披露を行なう「大桃夢舞台」も行われます。 ホームページ:南会津町-大桃の舞台 ...

冷たい雪で真夏のソリ滑り 尾瀬檜枝岐温泉 真夏の雪まつり

日本中が最も暑くなる8月。 桧枝岐村では今回で24回目を迎えるお祭りがあります。 2016年は8月6日・7日の開催。 3年ぶりとなる今回は、8月7日のお昼ごろ尾瀬檜枝岐温泉スキー場で開催されている「真夏の雪まつり」へと訪れました。 真夏の雪まつり 冬の間に降った雪が夏まで保...

四季折々の味わいを感じて只見線の絵画展 只見町 会津只見考古館

縄文時代から弥生時代の集落が並ぶ窪田遺跡。 窪田遺跡と併設され、窪田遺跡の出土資料を中心に多くの展示品が並ぶ会津只見考古館。 会津只見考古館 民具の展示や塩沢の製塩図から只見町の文化を伺うこともできます。 また、2015年8月7日(金)~9月6日(日)まで、観光フリーペーパー只見...

福島県内をクラッシックカーが縦走! La Festa Estate 2013

2013年7月13日~15日クラッシックカーレースLa Festa Mille Miglia(ラフェスタミッレリア)が福島県~宮城県~山形県~福島県ステージを毎年走行しています。 La Festa Estate 2013 長距離を移動するので、場所により天候状況も変わる中、観客に気持ち良く手...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク