2019年5月20日(月)
国道349号線を通っていると、「東和・祭田(まつりだ)の桜」の看板を目にした方は多いのではないでしょうか。 かくいう私も看板を確認しつつも見ごろ時期や場所までの距離感が分からず、通り過ぎていました…。 そこでいざ向かってみると、国道349号線から二本松市立東和小学校方面へ約2kmと意外と近い!
平安時代後期に、ふたりの娘が稚児を舞った場所として稚児の塚を築いた事から、名づけられたという二本松市...
日本を代表する写真家 故 秋山庄太郎氏が愛した桃源郷として、一躍人気のお花見スポットとなった福島市 ...
二本松市長折日向にある樹齢約100年のソメイヨシノ「日向の人待ち地蔵桜」。 二本松の四季観光フ...
東日本大震災で崩落してしまった白河小峰城の石垣。 2015年4月には再入城が可能となり、 ...
樹齢600年のエドヒガンザクラが高台の上にそびえたつ、塩ノ崎の大桜。 高さが約18メートルとい...
昨年の訪問時はお天気に恵まれず、写真は掲載していませんが、ここ数年毎年一度は訪れている福島市松川の芳...
福島県阿武隈高地を南北に縦走する国道349号線。 春になると特に多くの車が通行します。 ...
南会津町国道289号線を田島地域から南郷地域へと向かう途中、田んぼが多く見晴らしが良くなったころ「南...
地元の方たちが育てる108本のしだれ桜。 右輪台山のしだれ桜ライトアップ 2015年4月18...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク