18.3 C
Fukushima, Japan
2018年5月21日(月)

桜のトンネルが延々と続く 喜多方市 日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木

例年4月下旬に見ごろを迎える日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木も、昨年は満開が早く、昨年は訪れる機会を逃してしまいましたが、今年は例年通りということで、2年ぶりとなる2017年4月29日のゴールデンウィーク初日に訪れました。 今回は、喜多方商業高校跡地の臨時観光駐車場へ。 こちらの駐...

県指定重要文化財の楼門に寄り添い咲く 南会津町 南泉寺のしだれ桜(平七桜)

南会津町国道289号線を田島地域から南郷地域へと向かう途中、田んぼが多く見晴らしが良くなったころ「南泉寺」の看板を目にすることができます。 この南泉寺には、1794年に農民による寄付金で立てられた、福島県指定重要文化財となっている茅葺き屋根の楼門があります。 南泉寺楼門 楼門をくぐると...

20種2500本の桜が楽しめる桜の博物館 いわきの里鬼ヶ城の桜

4月中旬から5月上旬まで20種類以上の桜が次々と咲くいわき市川前の鬼ヶ城。 小野町・田村方面から訪れ、反対を向いている案内板を曲がると、高地のため少し遅咲きのソメイヨシノの並木がボンボリと共にお出迎えしてくれます。 いわきの里鬼ヶ城の桜 そのまま道を進み「きりり荘」を越えると、八重桜「...

会津五桜の中でも最も遅く開花 猪苗代町 磐椅神社の大鹿桜とえんむすび桜

土津神社の東側には、会津藩の藩祖保科正之公も参拝した磐椅神社があり、春には会津五桜の一つ大鹿桜が花を咲かせます。 磐椅神社へ行く道の隣には川が流れ、道幅が狭く交互通行ができないため、町営駐車場へ駐車し徒歩で訪れます。 (もちろん、土津神社も参拝くださいね♪) 案内板には200mと書いて...

朝日にきらめく川面と両岸に広がる桜並木 猪苗代町 観音寺川の桜(2014.5.3...

猪苗代町川桁駅近くに流れる観音寺川では両岸約1kmに亘り桜の並木が続きます。 観音寺川の桜 日本桜の会表彰や猪苗代新八景の第一番としても知られる桜の名所で、私が訪れた2014年5月3日の朝も早くから多くの方が訪れていました。 観音寺川の桜 お花見期間中はライトアップも行われています。...

猪苗代湖を見下ろす牧草地沿いの桜並木 猪苗代町 町営磐梯山牧場の桜並木

猪苗代町から県道7号線を通り、「天鏡台」方面へ。 アクアマリンいなわしろカワセミ水族館を過ぎ、700mほど山を上ると猪苗代町町営牧場の牧草地が広がります。 この町営牧場を通り抜ける約2kmの道路沿いには、約200本のソメイヨシノが植えられ、牧場の穏やかな雰囲気と相まって、素敵な桜ロードと...

明治時代から続く留め木の山桜 下郷町 戸赤のやまざくら

会津バス戸赤線の駅には、既に10台近くの車が停車し、戸赤のやまざくらのお花見や撮影を行なっていました。 戸赤集落では、明治時代から美しいオオヤマザクラなどを留め木として、伐採を禁じ、100年以上大切に守り続けてきたそうです。 看板を見ると、平均樹高15mのヤマザクラ、オオヤマザクラが17...

樹高20mにも及ぶ森の巨人 古殿町 越代のサクラ

林野庁「森の巨人たち百選」に指定されているヤマザクラ「越代の桜」。 越代の桜は国道349号線から看板に従って7kmほど進んだ国有林の中にあります。 越代のサクラ 福島県の天然記念物に指定される樹齢約400年のヤマザクラの前では、毎年5月3日には越代のサクラ祭りが開催されます。 越...

木立の先に望む幻想的な鏡桜 桑折町 半田山自然公園 2014

2014年4月27日、福島県県北地域ではゴールデンウィークまで桜を観賞できるという半田山自然公園に行ってきました。 半田山自然公園 空の青と、木々の緑が映る水面に桜の花が彩りを添えるこの季節は多くのカメラマンが訪れ、幻想的な雰囲気を楽しみます。 半田山自然公園 2016年4月23日に...

福島県を代表する桜の名所が粒揃い あぶくま高地 国道349号線で行く桜めぐり

福島県阿武隈高地を南北に縦走する国道349号線。 春になると特に多くの車が通行します。 最近では伊達市月舘や川俣町、二本松市東和・岩代、田村市など、道路の拡幅整備も進み、通りやすくなってきました。 では、なぜこの道路を通る車が多いのかというと…、 国道349号線沿いには桜の名...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク