9 C
Fukushima, Japan
2018年1月18日(木)
ホーム タグ 史跡

タグ: 史跡

黄葉の時期が待ち遠しい樹齢800年のご神木 喜多方市 新宮熊野神社 長床 大イチョウ

例年11月中旬~下旬に見ごろを迎え、ライトアップイベントが行われる新宮熊野神社 長床の大イチョウ。 樹齢800年のご神木の黄葉を楽しみに多くの方が訪れるスポットです。 少し季節も早かったの...

お堂を彩る秋の花たち 会津美里町 中田観音菊祭大祭と法用寺奉納菊花展

会津坂下町恵隆寺(立木観音)、西会津町如法寺(鳥追観音)、そして会津美里町弘安寺(中田観音)は会津ころり三観音として、会津三十三観音めぐりの中でも年中参拝者が絶えない巡拝地として古くから親しまれていま...

岩壁に添う高さ14.5メートルの崖造り観音堂 会津美里町 左下り観音

岩壁に添うような形や岩の上などに建てられた懸造り(かけづくり・崖造り)の建物はインパクトがあり、一度見ると忘れられません。 懸造りの例としては、京都市にある清水寺本堂「清水の舞台」が挙げられます...

楓の紅い絨毯が敷きつめられる旧参道 猪苗代町 土津神社の紅葉

会津藩祖・保科正之が残した遺言により造営された土津神社。 春には桜に映える白い鳥居が印象的な桜の名所ですが、秋にはカエデの紅葉も美しいスポットです。 また、奥の院の様子も以前のレポートから...

会津五桜の中でも最も遅く開花 猪苗代町 磐椅神社の大鹿桜とえんむすび桜

土津神社の東側には、会津藩の藩祖保科正之公も参拝した磐椅神社があり、春には会津五桜の一つ大鹿桜が花を咲かせます。 磐椅神社へ行く道の隣には川が流れ、道幅が狭く交互通行ができないため、町営駐車場へ...

神聖さを表す白い鳥居に映える桜 猪苗代町 土津神社の桜

会津藩祖・保科正之が磐椅神社へ参拝した際、この地をとても気に入り、残した遺言の通り神社が造営されました。 参道入口の神聖さを表す特徴的な白い鳥居は、桜の淡い色にも似合います。 2017年4...

徒歩圏内に隣り合う歴史的な会津の桜 会津美里町 法用寺虎の尾桜と米沢の千歳桜

参道入口を望むと、立派な仁王門。 仁王門に祀られていたというケヤキ造りの金剛力士像は国重要文化財に指定。 大切に保管され、現在はパネルでの展示となっています。 門をくぐると石段の向こ...

桜のトンネルが延々と続く 喜多方市 日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木

例年4月下旬に見ごろを迎える日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木も、昨年は満開が早く、昨年は訪れる機会を逃してしまいましたが、今年は例年通りということで、2年ぶりとなる2017年4月29日のゴールデ...

中村城跡に咲き誇るソメイヨシノ 相馬市 馬陵公園の桜

園内に咲く約630本の桜(ソメイヨシノ)は、例年4月中旬~下旬が見ごろということですが、ここ数年一気に暖かくなることが多く、前回は出遅れてしまいました…。 しかし今年はほぼ平年通りに開花が進み、...

東北最大!古墳のスケールを体感 大安場史跡公園

郡山市田村町に東北最大の前方後方墳・大安場古墳があります。 古墳の入り口には、「古墳へGO」の文字と多目的遊具が。 この遊具は古墳への道のりとなっているだけでなく、途中途中で古墳の案内も含...

新着レポート

人気のレポート

定番人気レポート

スポンサード リンク