東北を代表する温泉郷のひとつ。年間を通して様々なイベントが行われている飯坂温泉。

この日は、タカラッシュ!コードF-6が始まったこともあり、多くの方が散策を楽しんでいましたが、今回は福島市観光コンベンション協会のこでらんにdeふくしま通 まち歩き湯ったりいいざかをベースに、松尾芭蕉なども訪れた飯坂温泉街を歩いてみました。

飯坂温泉駅

飯坂温泉駅前では、来週行なわれる、おと酔いウォークの看板や、信号機の先には観光案内所も。
観光案内所では、公認ガイドブックなども配布しているので、まち歩きのお供にどうぞ。

飯坂温泉波来湯

駅から約200m先には、平成23年にリニューアルされた波来湯があります。
こちらは、飯坂温泉ならではの熱い湯とぬるい湯の2種類の浴槽があるので、熱いお湯が苦手な方も安心して利用できます。
波来湯公園には、足湯も楽しめるほか、傍らには河津桜が花を咲かせていました。

飯坂温泉鯖湖湯

波来湯からさらに足を伸ばすと、飯坂温泉街のほぼ中央に鯖湖湯があります。
この鯖湖湯には芭蕉も入ったと言われているほか、飯坂温泉でも最も古い湯で、隣にある鯖湖神社に祀られているお湯かけ薬師如来には、体の癒したい場所に温泉を掛けると良くなると伝えられています。

飯坂温泉旧堀切邸

鯖湖湯のすぐ近くには、旧堀切邸があり、こちらでも手湯、足湯が楽しめます。
飯坂温泉街は傾斜のある道(坂道)が多いので、こういった足湯で休みながら歩くのもまた楽しいですね。
旧堀切邸の入口付近には、温度を示した看板もあるので、お好みの温度で癒されてください。

飯坂温泉滝の湯とちゃんこちゃんこ

コースからちょっと外れて、滝の湯とちゃんこちゃんこへ。ちゃんこちゃんことは、坂道の石段のこと。
諸説あるようですが、松尾芭蕉もここに訪れたとされています。

そして、秋の例大祭(飯坂けんかまつり)も有名な八幡神社へ。
この広い境内も10月上旬には、祭り一色となります。

飯坂温泉ゆざわ芭蕉の道公園

最後は、ゆざわ芭蕉の道公園へ。

飯坂温泉のちゃんこちゃんこを楽しみながら、ゴールの飯坂温泉駅へと向かいます。

飯坂温泉駅

飯坂温泉も駐車場が整備され、手軽にまち歩きができるようになりました。
1時間から2時間で充分楽しめる飯坂温泉ちゃんこちゃんこまち歩きいかがですか?

もっと楽しみたい方は、さらにお土産や食事、日帰り温泉と合わせるのもいいですね♪

ゆこゆこネット「飯坂温泉宿一覧」

ホームページ:飯坂温泉,福島市観光コンベンション協会

 ブログランキング・にほんブログ村へ