2015年7月、伊達市月舘町国道349号線の御代田バイパスが開通し、月舘町へのアクセスも良くなりました。

また、2018年3月には相馬福島道路、霊山ICも開通し、相馬市からのアクセスも良くなり、前回の「モノ作りびとフェア in つきだて花工房 」をはじめ、月舘町のスポットを訪れる機会も増えてきそうですね。

そんな月舘町には、20年以上前から地元の方により手入れされているという「あじさい小径」があり、2018年6月23日・24日にはあじさい小径まつりも行われるということで、アジサイの開花状況を見に6月17日に訪れてみました。

個人的に数年ぶりに訪れる事となり、あじさい小径の場所に多少の不安があったものの、国道349号線・県道269号線沿いには「あじさい小径まつり」ののぼり旗が立ち、安心して道を進むことができました。

つきだて花工房入口の丁字路から約600mほど進むと、消防屯所が見え、「あじさい小径」の入口を確認する事ができます。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

川俣町方面からお越しの際には、道の反対側にも案内板が設置されていました。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

あじさい小径に入ると直ぐに狭い道の両側にアジサイが並びます。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

ひと通り巡ってきたのですが、この辺りは駐車場がないため、月舘運動場の駐車場から約1kmほど散策を楽しみながら訪れる事になるのかな?
※近くでご覧になりたい方は「あじさい小径まつり」の会場はここからさらに1.5kmほど上った場所で、駐車場もありました。

入口近辺では、まだ咲き始めといったところでしたが、これから咲き始めようとしている小さなアジサイも可愛いですね。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

そのまま、あじさい小径を車で上って行くと、道路の待避スペース近くにしだれ桜とちょっとした散策路がありました。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

しだれ桜を見て思い出したのですが、この先には七ツ森林道沿いの桜並木 が咲き、4月中旬ころ桜並木も楽しめるそうですよ。

そうこうしている間に、整備され開けたスペースの駐車場へと辿り着きました。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

あじさい小径まつりのイベント当日には、飲食出店や地元の朝取り野菜の直売も行われるそうなので、楽しみですね。

ここからもまだ、数百メートルあじさい小径が続くので、歩いて散策してみました。

少し登り坂ですが、あじさいを楽しみながら登れば、坂であることも忘れてしまいそう。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

まだ咲き始めのため、開花の様子は想像ですが、この辺りは白いアジサイが多そうで、あまり見かけない光景が楽しめそうですよ。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

この先は道が狭くなり転回できなくなるようで、途中にある転回の案内板では、アジサイの様子を見に訪れてた車がUターンしていました。

車内からだと見えにくそうでしたが、この先には早咲きのアジサイが数株、ほぼ満開を迎えており、歩いたご褒美をいただきましたよ。

伊達市月館 糠田のあじさい小径

伊達市月館町糠田のあじさい小径は、この市道沿い約2kmに約4000本のアジサイが植えられているそう。

来週には、「あじさい小径まつり」が開催されますが、例年は7月中旬ころまで見頃のようなので、あじさい小径まつりが終わってからもしばらく楽しめそうです。

また、女神が住むとされている女神山の登山口にも近いほか、以前から気になっていた、七ツ森林道沿いの桜並木も大体の場所を知ることができたので、今後、桜の季節にも訪れてみたいですね。

伊達市月館 糠田のあじさい小径 スポット情報

住所 福島県伊達市月舘町糠田元苗内~長畑
関連イベント 2018.6.23~24 あじさい小径まつり
交通・駐車場 伊達市霊山町から国道349号線を通り伊達市月舘町へ。
御代田トンネルを越え、県道269号線から案内板に従い、つきだて花工房方面へ。
そのまま県道269号線をまっすぐ進み、ふくしま未来農業協同組合小手支店から約600mの地点に入口あり。
あじさい小径入口から約1.5kmほど道を上った地点に駐車スペースあり
トイレ 駐車場脇に簡易トイレ設置(2018.6.17現在)
ホームページ 糠田あじさい小径まつり – 伊達市地域おこし支援員
つきだて情報宅配便 – 伊達市
月舘あじさいの小径 – 伊達市観光物産交流協会

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ