18.3 C
Fukushima, Japan
2018年5月21日(月)

極楽浄土を現す浄土式庭園が幻想的にライトアップ いわき市 白水阿弥陀堂

いわき市内郷にある阿弥陀堂は、福島県で唯一の国宝建築物に指定されています。 白水阿弥陀堂 また、境内は国指定史跡、本尊に祭られている木造阿弥陀如来及両脇侍像・木造持国天立像・多聞天立像は国指定重要文化財にも指定されています。 白水阿弥陀堂 紅葉の時期に訪れたのは、庭園の美しさもありま...

日本遺産に認定 安積平野を潤す一本の水路 郡山市 開成山公園と五十鈴湖編

2016年11月18日、郡山市開成山公園にて、一つの石碑の除幕式が行われました。 郡山市長が揮毫したという「未来を拓いた一本の水路」。にはどんな物語が刻まれていたのでしょうか。 福島県内を歩いていると、ダムをはじめ河川などと生活の繋がりや米どころ、酒どころとしても欠かせない水の存...

土木遺産認定 歴史的砂防施設群と荒川流域の自然を堪能 福島市 荒川遊歩道

福島市荒井にある四季の里脇を流れる荒川沿いには水林自然林があります。 福島市 荒川遊歩道 その荒川沿いには遊歩道があり、福島市で行われているウォーキング大会のコースにもなっています。 福島市 荒川遊歩道 荒川沿いに遊歩道を遡ると、登録有形文化財に指定、土木学会推奨土木遺産の認定を受け...

いわき市小名浜の観光・交流拠点 アクアマリンパークと東港を結ぶ小名浜マリンブリッ...

小名浜港の歴史は長く、江戸時代中期から発展し続けてきました。 現在では漁港区から、1~7号ふ頭、藤原川を越え、藤原ふ頭、大剣ふ頭までの約6kmに及ぶ拡張、重要港湾小名浜港として活用されています。 また、1号・2号ふ頭間には、いわき小名浜みなとオアシスとして、アクアマリンふくしまやいわき・ら・...

夜に花咲く神秘を演出 壮麗なシャトーが道の駅はなわに出現 イルミネーション華の宮...

国道118号線、塙町にある道の駅はなわ「天領の郷」は個性的な屋根が特徴の建物で、春には桜やツツジを楽しむ際の休憩スポットとして何度か立ち寄っていました。 また、夏には湯遊ランドはなわダリア園ダリアが楽しめるほか、JR磐城塙駅と連なる塙町コミュニティプラザには、富永一朗 はなわ漫画廊などもあり、...

イチョウ並木116本の黄葉グラデーション 福島市 あづま総合運動公園2016秋

福島市あづま総合運動公園内とうほうみんなのスタジアム前から、大駐車場までの遊歩道の両側には116本が連なるイチョウ並木が続いています。 あづま総合運動公園イチョウ並木 2016年11月5日、見ごろを迎えている同公園のイチョウ並木を楽しみました。 あづま総合運動公園イチョウ並木 並木道...

岩壁に添う高さ14.5メートルの崖造り観音堂 会津美里町 左下り観音

岩壁に添うような形や岩の上などに建てられた懸造り(かけづくり・崖造り)の建物はインパクトがあり、一度見ると忘れられません。 懸造りの例としては、京都市にある清水寺本堂「清水の舞台」が挙げられます。 また、福島県内では柳津町にある福満虚空蔵尊円蔵寺 本堂(菊光堂)も懸造りですが、どちらも懸...

かわいい小輪の菊花の山々が広がる 川俣町 ざる菊の里

2014年は10月25日~11月23日まで一般開放されている川俣町ざる菊の里。 ざる菊の里 10月下旬から11月上旬がもっとも見ごろということでしたが、11月9日(日)に訪れた時でもまだ花を咲かせており、見頃の花も多くありました。 ざる菊の里へ向かう道の途中にも道路脇に咲くざる菊。 ...

洞内を照らす鮮やかなイルミネーション 田村市 あぶくま洞 月の世界~竹取物語~

あぶくま洞 2014年春にはホームページもリニューアルされ、マスコットキャラクターのオリオンちゃんもデザイン一新。さらに、2014年冬季イベント月の世界~竹取物語~も行われている田村市滝根町あぶくま洞へと2015.2.1再び訪れてきました。 あぶくま洞 寒さの残る入口ではつららや氷筍がお出...

高原の風になびくひまわり 郡山布引風の高原

郡山市湖南地区、天栄村と会津若松市をまたぐ、会津布引山を中心に広がる標高約1,000メートルの布引高原は、「風の高原」と呼ばれています。 郡山布引風の高原 また高原では、高原野菜が栽培されているほか、季節ごとに様々な花が咲きます。 訪れた8月14日は残念ながらひまわりには少し早かったも...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク