かがみいし田んぼアート

6月上旬の田植えから10月上旬の稲刈り後も収穫時期を変え、3D田んぼアートとして楽しめた「かがみいし田んぼアート」も11月初旬には、初夏のお米から、LED希望の苗へ二期作へと移り行きます。

初夏~秋に見ごろの田んぼアートの様子は、「図書館から望む稲で表現した絵本の世界 鏡石町 かがみいし田んぼアート 」からご覧ください。

2018年は11月9日(金)から公開が始まっていましたが、そろそろ希望の苗も育ち、見ごろを迎えたであろうと、11月23日(金)に鏡石町図書館隣の田んぼアート会場へと訪れました。

鏡石町図書館

1月上旬まで楽しめるこの田んぼアートへと来場し、希望の苗の様子を眺めます。

田んぼアート跡

良く見るとマジックで願い事が書かれている、この「希望の苗」は、田植えイベント参加者によって寄せられたものだそう。

かがみいし田んぼアートのキャッチコピーは、「コメが育ってユメになる。」

田んぼアート跡

稲が育って、収穫が終わり、刈り取られた後も、なんとなく模様が浮かんでくるようですが、

このユメは、暗くなってからが良く見えるようですよ。

田んぼアートLEDイルミネーション

午後4時半を過ぎたころ、チューブに入ったLEDが点灯し、期待が高まりますが、希望の苗はまだまだ点灯しません(笑)。

少しずつ点灯している様子は伺えますが、薄暗くなっても日が落ちるまで小さな光は見えにくいようです。

ここから、15~20分経つと、一気に日が落ち、あっという間に見ごろになってきました。

田んぼアートLEDイルミネーション

田んぼアートでも表現されたように、微妙な色の違いが暗くなるほど映え、田んぼアートLEDイルミネーションに立体感を出しています。

田んぼアートLEDイルミネーション

私が訪れた前日(11/22)には、今年度の来場者が3万人を突破したそうです。

観覧時間は、鏡石町図書館が営業している午後7時までの短い時間ですが、この季節だけの鏡石町「田んぼアートLEDイルミネーション」

より多くの方に楽しんでいただきたいですね。

田んぼアートLEDイルミネーション イベント情報

開催日時 2018年11月9日(金)~2019年1月上旬田んぼアートLEDイルミネーション~きらきらアート~ – ふくつぶイベント情報
住所 福島県岩瀬郡鏡石町旭町440−6
交通・駐車場 国道4号線からJR鏡石駅方面へ。
東北本線線路を渡った鏡石町図書館北側。
鏡石町図書館の駐車場を利用できます。
見どころ 鏡石町図書館の展望台から田んぼアートを含め、周辺を見渡すことができるビュー。
6月の田植え後から、見ごろを迎える7~8月、刈取り前の9月。
11月~1月のイルミネーションと長期にわたって楽しむことができます。
※開催状況についてはホームページをご確認ください。
関連イベント 2018.6.2 豊作祈願 田植え祭り
2018.10.8 豊作万歳 稲刈り祭り
2018.11.3 みんなで作ろう”輝る”田んぼアート
ホームページ 田んぼアート – 鏡石町
観光 – 鏡石町
図書館 – 鏡石町

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

返信する

Please enter your comment!
Please enter your name here