原生林に囲まれた名瀑 いなわしろ新八景 達沢不動滝

167

猪苗代町には多くの自然を楽しめるスポットがありますが、その中で達沢不動滝は駐車場から徒歩10分で行く事ができると人気の名瀑。

中ノ沢温泉から山間の道を進むので、初めて訪れる方には少し分かりにくいのですが、まずは「リゾートインぼなり」を目指して進んでください。

リゾートインぼなりの前の道をさらに5分ほど進みます。

すると集落が現れ、集落先の交差点には以前訪れた時には無かった達沢不動滝の大きな交通案内版も設置されていました。

案内板に従い、左折し進むと駐車場へと到着する事ができます。

遊歩道の手前に20台ほど、さらに50mほど手前にも10数台ほど停められる駐車場があり、訪れた2017年8月6日午後は満車に近い状態でしたが、往来も多く、人の流れは早そうです。

ちょっと待たないといけないかな?と思いましたが、すぐに停車することができました。

達沢不動滝

達沢不動尊の鳥居をくぐり、手水舎を越え、達沢渓谷の様子を眺めながら歩くとあっという間に達沢不動尊の建物が見えてきます。

達沢不動滝

川の流れが石や草にあたりポコポコと音を出す様子から、徐々に近づくと滝のシャーッという音に変わっていきます。

達沢不動滝

前回訪れた2014年9月には暑いくらいにお天気も良く、滝の水量も多かったのですが、今回(2017年8月)は、曇り空で水量も少ない様子でした。

多くの方が達沢不動滝の写真をアップしていますが、その時々の違った表情を楽しむのも良いですね。

達沢不動滝

滝に近づくと水しぶきがカメラのレンズに掛かってしまいますが、音も含めて心地よく撮影を楽しみました。

曇り空で暗い事もあり、男滝のみを撮影しましたが、左手の奥には達沢不動滝女滝もありますので、訪れた際にはそちらもご覧くださいませ。

達沢不動滝は新緑の季節のほか、紅葉の季節にも人気で、多くの方が訪れる「いなわしろ新八景」です。
※2014年9月公開 2017年8月追記再編集

江戸時代の朱子学者が選定した猪苗代八景にちなみ、2009年(平成21年)より策定が進められてきた「いなわしろ新八景」が2011年(平成23年)に次の8ヵ所に決定しました。

いなわしろ新八景に選ばれた「天神浜、観音寺川、達沢渓谷、中津川渓谷(秋元湖を含む)、土津神社、天鏡台(町営牧場を含む)、亀ケ城跡、天鏡閣」では、四季折々の自然や風景などが楽しめます。

いなわしろ新八景

※亀ヶ城跡については亀ヶ城公園の写真を使用させていただいております。

いなわしろ新八景の詳細については、猪苗代観光協会のホームページ「猪苗代 あなたいちおし!新八景策定コンテスト 」に掲載されていますので、他のスポットもご覧になってみてください。


ホームページ:達沢不動滝 – 猪苗代観光協会

 ブログランキング・にほんブログ村へ