例年11月中旬~下旬に見ごろを迎え、ライトアップイベントが行われる新宮熊野神社 長床の大イチョウ。

樹齢800年のご神木の黄葉を楽しみに多くの方が訪れるスポットです。

少し季節も早かったのですが、せっかく近くまで立ち寄ったからと、2017年11月5日の大イチョウの様子を伺ってきました。

新宮熊野神社

鳥居をくぐると参道の奥には、明らかに違う色の葉っぱをつける大きな木が顔を覗かせています。

新宮熊野神社

この大イチョウは喜多方市(市天然記念物)からの公式発表はないものの、高さは30メートルと言われており、普通に境内から写真を撮ろうと思っても納まらないサイズです。

記念撮影する方も多かったのですが、私が撮影するなら、カメラを下から見上げたり、大イチョウを見上げる人物、幹の太さを人物と対比させてみたり…といったところでしょうか?

その時は、ご神木を表すしめ縄や長床もフレームに入れる工夫をすると良いかもしれませんね。

新宮熊野神社

さて、再び長床を1周しながら色んな角度のイチョウを楽しみます。

長床の奥にある本堂の石段は工事中でしたが、ほぼ完成している様子でした。

新宮熊野神社

大イチョウライトアップ参加はまだした事がありませんが、ぜひ一度見てみたい光景です。

また、1,300名の応募枠にも関わらず、締め切り前に定員を迎えてしまう「長床ウォーキング」。

今年の開催は2017年11月18日(土)良い黄葉が楽しめそうですよ。

ホームページ:喜多方観光物産協会 > 新宮熊野神社と長床

 ブログランキング・にほんブログ村へ