2019年5月21日(火)
2019年5月1日から新元号「令和」を迎え、日本中がお祝いムードに包まれる中、「明和」の時代から25...
桜並木やフラワーガーデンに咲くシャクヤクなど花の名所としても有名な鏡石町の岩瀬牧場ですが、今回はお天...
2017年松川浦大橋の開通、2018年大洲松川線の開通や原釜・尾浜海水浴場の再開など、相馬港周辺の復...
たびたび全国放送や地元のローカル番組にも取り上げられている相馬市の観光名所「百尺観音」。 相馬...
淡い紫色の花びらで、中心には黄色と青い斑点が印象的な、アヤメ科の多年草「シャガ」。 そのシャガ...
国道349号線を通っていると、「東和・祭田(まつりだ)の桜」の看板を目にした方は多いのではないでしょうか。 かくいう私も看板を確認しつつも見ごろ時期や場所までの距離感が分からず、通り過ぎていました…。 そこでいざ向かってみると、国道349号線から二本松市立東和小学校方面へ約2kmと意外と近い!
国道349号線口太山トンネルのすぐ隣にある「境木の双子桜」は、「国道349号線で行く桜めぐり」という題材で書くには行かなくてはならない場所のひとつだとずっと心の中に残っていました。 とはいえ、正直情報がないのも事実。 そこで、たまたま朝から午前中を目安に「国道349号線沿いの桜」観桜をしていた2019年4月21日に立ち寄ってみる事としました。
平安時代後期に、ふたりの娘が稚児を舞った場所として稚児の塚を築いた事から、名づけられたという二本松市...
東日本大震災で崩落してしまった白河小峰城の石垣。 2015年4月には再入城が可能となり、 ...
会津若松市の東部に位置し、戊辰戦争の際、猪苗代から鶴ヶ城を目指し戸ノ口堰洞穴を通り飯盛山へと逃れてき...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク