18.3 C
Fukushima, Japan
2018年5月21日(月)

7つの香り漂う 福島市 あづま香りのばら園まつりライトアップ

あづま総合運動公園大駐車場近くにある、あづま香りのばら園では、見頃の時期に合わせて2016年6月4日・5日にあづま香りのばら園まつりが行われます。 また、6月1日~6日まで、ばら園ライトアップも行われるということで、初日に訪れました。 福島県内では、いわき市平赤井「ばらとお花の小さな森」...

21万6000本の彼岸花が咲く二本松市安達ヶ原ふるさと村 曼珠沙華まつり

2014年末に発足した「安達ヶ原ふるさと村の景観を良くする会」は、安達ヶ原ふるさと村を中心とした約5.5ヘクタールに約21万6,000本の彼岸花を植栽。 育成から2年目を迎えた2016年9月10日オープニングイベント、9月22日には曼珠沙華まつりの本まつりが行われ、10月2日までの期間、曼珠沙...

400年の時を超えた自由市を再現 会津若松市 鶴ヶ城 會津十楽 2013

福島県を代表する観光スポットのひとつ「鶴ヶ城」。 2011年春に屋根瓦を赤瓦にリニューアルした姿もおなじみになってきました。 會津十楽 2013 ここ数年、毎年定期的に訪れていますが多くの方で賑わい嬉しい限りです。 また、イベントも数多く行われる場所なのでイベントを楽しみに何度で...

いわき市小名浜の観光・交流拠点 アクアマリンパークと東港を結ぶ小名浜マリンブリッ...

小名浜港の歴史は長く、江戸時代中期から発展し続けてきました。 現在では漁港区から、1~7号ふ頭、藤原川を越え、藤原ふ頭、大剣ふ頭までの約6kmに及ぶ拡張、重要港湾小名浜港として活用されています。 また、1号・2号ふ頭間には、いわき小名浜みなとオアシスとして、アクアマリンふくしまやいわき・ら・...

北塩原村 裏磐梯 五色沼(毘沙門沼)

裏磐梯ビジターセンターや五色沼売店など、車で訪れた際にも便利な五色沼湖沼群の毘沙門沼。 ボート乗り場もありボートを楽しめるほか、五色沼自然探勝路で毘沙門沼をはじめ、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などを眺めることもできます。 また、毘沙門沼では五色沼ハートの鯉の目撃情報もあり、見つけ...

喜多方市 三ノ倉高原ひまわりフェスタ

※この記事は、2017年8月28日にページ「高原に広がる東北最大のひまわり畑 喜多方市 三ノ倉高原 さわやか高原ひまわりフェスタ 」にリライトしました。 昨年は9月に訪れ、広大なひまわり畑に他の区画のひまわり畑の状況も見てみたいと今年はひまわりフェスタに合わせて訪れました。 北面...

福島市街なか広場に巨大砂場が登場 福島サンドストーリー2015

2015年9月19日~21日のイベント期間中、福島市街なか広場一面に巨大な砂場が登場した福島サンドストーリー2015。 一角では、砂像作家が崩れそうな砂の山に、緻密な装飾を施したアート作品が製作されていました。 福島サンドストーリー2015 巨大な砂場では、裸足で砂の上を歩き回ったり、準備...

歴代の藩主が愛した回遊式日本庭園 会津若松市 御薬園

室町時代に葦名盛久がこの地に別荘を建てたのがはじまりと言われている御薬園は、昭和7年日本国指定名勝に指定。昭和28年から一般公開されています。 御薬園 松平容保公の孫である秩父宮妃勢津子殿下をお迎えする際、東山温泉に建てられた別館を移築したという「重陽閣」の前には、プリンセスチチブが花を咲か...

古民家と彼岸花が演出する懐古的空間 二本松市安達ヶ原ふるさと村 曼珠沙華まつり

前回の様子は、「2015年から植栽を開始した、二本松市安達ヶ原の曼珠沙華。 昨年は、阿武隈川堤防や安達ヶ原公園での景観を楽しみました。 21万6000本の彼岸花が咲く二本松市安達ヶ原 曼珠沙華まつり 」からご覧ください。 曼珠沙華まつり 2016 さて、2017年は見ごろの...

都内ファンも注目! 酪王カフェオレも存分に楽しめる 酪王まつり

酪王カフェオレは、福島県民のソウルドリンクと称され、郡山市民のソウルフード「クリームボックス」と同時期に誕生。 2016年、共に40周年を迎えました。 まろやかな甘さは多くの方を魅了し、関東方面でも多くのファンが存在する逸品です。 福島市でも、酪王乳業の親会社にあたる福島県酪農業協...

人気のレポート

新着レポート

定番人気レポート

スポンサード リンク