2019年10月 台風19号の被害により梁川駅~槻木駅(JR乗り換え駅)間が運休となっていた阿武隈急行線

その後、富野駅まで運行区間が伸びていました(阿武隈急行参照)が、全線開通まで約1年の時間が必要となりました。

伊達市梁川町と丸森町を繋ぐ、阿武隈川沿いの国道349号線は一部復旧作業中ですが、この阿武隈急行線全線開通は、明るいニュースとなった事でしょうね。

私自身も台風19号が訪れる1週間前に、偶然にも被災地となった場所を巡っており、こうしてまた案内できることは個人的にも喜ばしいこととなりました。

もくじ

あぶくま駅

阿武隈急行線 あぶくま駅は、宮城県丸森町にあり、宮城県入り口の駅となります。

駅の裏手には、2020年11月現在休業しておりますが、天狗の宮 産業伝承館 があり、猫スポットとしても有名だったそうです。
訪れた時は、猫は預けているので安心してくださいといった内容の貼り紙が貼ってありました。

阿武隈急行線

あぶくま駅というと、個人的に印象に残っているのが、BSテレ東 出発!ローカル線聞きこみ発見旅 – 阿武隈急行で有村昆と吉木りさが聞きこみ旅! でここあぶくま駅に訪れたシーンでしょうか。

あいにく、産業伝承館がお休みの日で、猫の記録のみ発見した。そんな内容だったかと思います。
あいまいな記憶で間違っていたらすいません…。

レギュラー放送は終わってしまいましたが、丸森町の観光スポットも紹介されるなど、良い放映内容でした。

再放送が見たい番組です。

さて話を戻すと、あぶくま駅に訪れると既に何名かのカメラマンや観光客が居り、安全な場所へ車を停め、駅までの道を歩いていると、踏切の警報機が音を鳴らし始めます。

すると、あっという間に阿武急列車がやってきました。

小走りにポイントを探し、数枚撮った写真です。

阿武隈急行線

多くの乗客が見えたほか、外を眺める乗り鉄風の方など、賑わった車内が見えました。

現在はまだ上下各3本(土日のみ各4本増発)と、運行本数も少ないようなので、阿武隈急行 – 時刻表 を確認のうえ、ご利用ください。

あぶくま駅の裏手では、阿武隈川沿いを走る国道349号線の復旧工事も行われていましたが、

阿武隈急行線

この自然あふれる風景を見に、また丸森町への観光に阿武隈急行線を使って訪れてみるのはいかがでしょうか。

なお、丸森町では阿武隈急行線全線開通を記念して、様々なイベントを企画するそうなので、気になる方は、丸森町観光案内所 ホームページをぜひご覧ください。

兜駅

あぶくま駅から福島県伊達市へ戻り、兜駅へとやってきました。

あぶくま駅での上り線は発車するとすぐトンネルに入ってしまうのですが、兜駅は高台にあります。

阿武隈急行線

あぶくま駅での阿武隈川を望む景色から一転、夕刻も迫る山々の風景が楽しめました。

阿武隈急行線

この兜駅から富野駅への道のりも面白く、高架橋を走る阿武急列車を想像したかと思いきや、住宅のすぐそばを走ったりと変化に富み、乗ったり、撮影したりと面白そうな区間でしたよ。

富野駅

そして、富野駅へたどり着くと、今度は道路の下にホームがありました。

阿武隈急行線

帰宅の時間も近づく夕刻。

ご近所らしきおじいちゃんも車でやってきました。

軽く挨拶を交わし、周辺の様子を観察していると、夕暮れの中、今度は阿武急列車も。

阿武隈急行線

無事、おじいちゃんのお迎えも済んだのかなと様子をみると、列車を見に来ただけのようです。

地元の方たちも阿武隈急行線全線開通を喜んでいたんだとほっこりしました。

季節は秋。

伊達市梁川町ではそろそろあんぽ柿の生産も始まりますね。

阿武隈急行線

※写真はあんぽ柿用の柿ではありません

まとめ

福島県 ホームページでも阿武隈急行線全線開通の記事が公開されました。

また阿武隈急行線全線開通を記念し、阿武隈急行フォトコンテスト や謎解きイベント阿武Q暗号列車 暗号がつなぐ希望の線路 が行われるほか、阿武隈急行線ではサイクルトレイン(PDF) も実施しているので、ちょっとした自転車旅も楽しめそうですね。

これを機会に阿武隈急行線に乗車して、新たな発見をしてみるのはいかがでしょうか。


阿武隈急行線 スポット情報

住所 福島県福島市・伊達市~宮城県丸森町・角田市・柴田町
交通・駐車場 阿武隈急行線利用など
有人駅:福島駅・保原駅・梁川駅・丸森駅・角田駅
料金 乗車券ほか、阿武急の日フリー切符、あぶ急トクだねきっぷ、再開通記念乗車券(土日のみ限定4000枚)、阿武Q暗号列車フリー乗車券(謎解きブック提示・平日のみ枚数限定販売)など
見どころ 自然豊かな場所を走る列車
関連イベント 2020.11.2~2021.2.26 阿武隈急行フォトコンテスト
2020.11.7~2021.2.7 阿武Q暗号列車 暗号がつなぐ希望の線路
ホームページ 阿武隈急行

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

返信する

Please enter your comment!
Please enter your name here