2013.5 東北六魂祭現地案内

※このイベント情報は個人が収集したものです。必ず主催者に内容をご確認ください。また、記載内容を元にした主催者様への迷惑行為はご遠慮ください。

東北六魂祭現地案内

【東北六魂祭現地案内1】福島市外から東北六魂祭においでになる方の目安になればと、会場案内を写真掲載します。 写真は、メイン会場の目印ともなる福島市役所。駅から少し歩くようになります。

【東北六魂祭現地案内2】福島市外から東北六魂祭においでになる方の目安になればと、会場案内を写真掲載します。 福島駅の正面からみた写真。ここをまっすぐ行くと、4号線まで行くことができます。

【東北六魂祭現地案内3】まっすぐ進み、13号線を渡ると街なか広場があります。当日は何かイベントないのかな?今日は福島市こでらんに博イベントがありました。街なか広場の裏手がパセオ通りになるので、イベントや出店もあるかも?

【東北六魂祭現地案内4】先ほどの13号線からも見えた東邦銀行の駐車場はふくしま山車フェスタの会場にもなります。パレード会場に行くまで、福島市のお祭りも見ていって下さいね(≧∇≦)

【東北六魂祭現地案内5】県庁前通りを北に左折すると、福島稲荷神社があります。コチラもふくしま山車フェスタの会場になります。

【東北六魂祭現地案内6】県庁前通りを南へ右折すると、シャトルバス発着場所へ。平和通り、福島県警前で、元々は福島市の水道局があった場所付近です。エネオスのガソリンスタンドの方が目立つかな?パレード会場までもうすぐ。

【東北六魂祭現地案内7】先ほどの東邦銀行駐車場から道なりにくれば、福島テルサ前を通るハズ。東北六魂祭に合わせてイベントが行われるとか。

【東北六魂祭現地案内8】4号線に出るといよいよパレード会場です。上下車線それぞれ1車線ずつが観覧席になるみたいです。さぁ、頑張って市役所まで行ってみましょう!

【東北六魂祭現地案内9】観光バス発着所付近の一枚。ヨークベニマルが目印となります。

【東北六魂祭現地案内10】途中、斜めに道を入ると二小ふれあい広場。混んでる時は4号線じゃなくてこの道を通ってメイン会場へどうぞ。

【東北六魂祭現地案内11】福島市役所裏のメイン会場です。現在は市役所駐車場になっている更地ですが、当日どんな風に会場が出来るのか楽しみですね。

【東北六魂祭現地案内】JRの案内通り、福島駅西口に出られた方。地下歩道もありますが、駅北側、陸橋経由が勧められているようです。コラッセふくしま・タクシー乗り場方面。

【東北六魂祭現地案内13】陸橋へは駅に沿ってまっすぐ歩くと階段が見えます。鉄工所から回り込んで階段をご利用下さい。

【東北六魂祭現地案内14】陸橋を越えて、13号線、パセオ通りとまっすぐ進みます。パセオ寄り道可( ´ ▽ ` )ノ 県庁通り右折で稲荷神社にも行けますが、渡ると文化幼稚園がの建物が。4号線まであと少し。

【東北六魂祭現地案内15】県庁通りを北に右折、稲荷神社からまっすぐ行くと、新浜公園があります。ここは、うまいもの広場。噴水がお出迎えしてくれます(^^)

【東北六魂祭現地案内16】新浜公園からそのまままっすぐ北へ進むと、福島ふるさと広場の附属小学校へ。市役所からも見えたNTTの電波塔も見えます。東へ右折すればメイン会場にも行けます! #ふくつぶ

【東北六魂祭現地案内】市役所を西側からやってくるとこんな光景が。建物の向こうは4号線。メイン会場はどんな風になるのかな〜っo(^▽^)o広〜っいぃ〜っ。

【東北六魂祭現地案内18】4号線をそのまま北上すると、こでらんに広場がある福島競馬場へ。すき家か、交番が目印。ちょうどシャトルバス発着所から見える光景かな?

【東北六魂祭現地案内19】北側シャトルバス発着場所から市役所まで。もちろん車両通行止めになるので、メイン会場まではすんなり行けそうですね〜。

【東北六魂祭現地案内20】シャトルバス発着場所から更に北へ行くと福島市音楽堂と、古関裕而記念館へ。東北六魂祭に合わせてイベントが行われるとか。手前が記念館で奥が音楽堂です。

【東北六魂祭現地案内21】4号線岩屋下交差点。この交差点から南へは通行止めとなります。幸楽苑が目印。東へ左折で115号線、西へ右折で、13号線信夫山トンネル方面となります。

【東北六魂祭現地案内 補足】福島駅西口へ出てしまった場合、東口への地下連絡通路がオススメですが混雑の場合は陸橋の利用する事もあるかと思います。南側の陸橋を利用すると東口方面へ出ることができます。北側陸橋との違い参考まで。