光の国からやってきたバラエティ豊かな花火 須賀川市 釈迦堂川花火大会

69

須賀川市で行われる花火大会「釈迦堂川花火大会」

例年、来場者数は約30万人と福島県内で最大規模を誇る花火大会となっています。

この夏は、令和元年記念の花火大会が県内各地で行われたものの、なかなか予定がつかず、この釈迦堂川花火大会令和&今季初の花火大会参加となりました。

釈迦堂川花火大会2013前回の釈迦堂川花火大会は、なるべく混雑を避けようと東北本線・国道4号線の西側の釈迦堂川河川敷にて、ゆっくりと観賞を楽しみました。

この距離になると、一部、高さの低い噴出花火やナイアガラなどの仕掛けの花火は見ることができませんが、少し遅い時間帯に訪れたり、混雑が苦手な方にもお勧めの場所ですよ。

そして今回は、もう少し近くで見てみようと国道4号線の東側(須賀川駅方面)へと車を乗り入れてみました。

時間は間もなく午後3時…。

須賀川駅前周辺では既に、いくつかの場所で混雑が始まっていました。

まずは、近場の駐車場で200台以上が駐車できる、阿武隈小学校須賀川高校へ。

さすがに、イオンタウン須賀川に近い臨時駐車場は人気で、既に満車となっていました。

しかし須賀川市内には、約4000台の無料駐車場を準備しています。

100台ほどの駐車場でしたが、須賀川市役所へ向かうと、駐車量は一転、まだ半分ほどの入庫状況でした。

ということで、須賀川市役所前のウルトラの父と記念撮影。

釈迦堂川花火大会 須賀川市役所

各駐車場の詳細は須賀川市 公式ホームページをご確認ください。

さて、カメラを持っていく準備をしますが、道具一式を持っていくと重いので…、

今回は近くで見るからと、広角レンズに絞って持っていく事としました。

撮影スポットは…釈迦堂川周辺だったらなんとかなるだろうと、松明通りを通り、街なかを抜けながら中宿橋へと向かいます。

堤防の自転車歩行者道を東側へ向かい入ると、見渡す限りブルーシートが並び、入り込む余地はなさそう…。

さてどうしようかと、考えながら中ほどまで歩みを進めると、

ここで、福島県応援ポケモン「ラッキー」 の特性てんのめぐみが発動!?

堤防を駆けのぼり、横からスッと入ってきた女性に「ココ、移動するのでどうぞ」と勧められるがまま、堤防上にポジショニング完了

荷物を整理していると、1時間ごとにイオンタウン須賀川の辺りから、時間を知らせる昼花火が上がっているのに気がつきます。

打ち上げ場所とは少し違いますが、後から考えるとこの昼花火は、打ち上がる高さの目安に出来ましたね…。

周囲を見渡すと、カメラマンの多くは、反対側の釈迦堂川北側堤防に揃っているようでしたが、まだ4時過ぎにも関わらず、どんどん人が増え、すっかり場所も埋まったようです。

そのほか、近場の観賞スポットとしては、イオンタウン須賀川周辺やケーズデンキ須賀川店周辺が人気のようです。

打ち上げ場所の方向、未来橋の先には、クレーン車が見えます。

恐らくあれが、前回見れなかったナイヤガラなのだろうと、カメラを設置し、画角を広めに取って開始時間をひたすら待ちました。

辺りが薄暗くなるとアナウンスが開始され、いよいよ、メモリアル花火が数発打ち上がります。

釈迦堂川花火大会

この時も、花火の打ち上がる高さを知る良い機会だったのですが、気持ちはすっかりナイヤガラに気持ちが傾いていたようです。

そしてカウントダウンと共に釈迦堂川花火大会が開演。

念願であった、ナイヤガラ瀑布と打ち上げ花火の写真も撮影できました。

釈迦堂川花火大会

すると次はナイヤガラ宇津峯山?が姿を現しました。

釈迦堂川花火大会

このナイヤガラ宇津峯山には、中学生コラボというタイトルもつけられており、上写真のパプリカから…、

釈迦堂川花火大会

スマイルマークカエルドラねこといった型物も多く打ち上がっていました。

次々と進むプログラムと混雑に、気がつくと画角を変えずに撮影していました。

久しぶりの花火撮影、色々と忘れてしまっていますね…。

それでも、暗闇に咲く小割物・「千輪菊」はなかなかの美しさでした。

釈迦堂川花火大会

そして、M78星雲 光の国と姉妹都市の提携をしている須賀川市らしい花火が打ち上がります。

釈迦堂川花火大会

須賀川市×M78星雲姉妹都市スターマインと、その名の通り、「ウルトラセブン」の型物花火が打ちあがりました。

女流花火師が作る花火や尺玉共演など、様々な花火にあっという間に時間が過ぎていきました。

釈迦堂川花火大会

いよいよ最後のグランドフィナーレスターマインでは、鮮やかに色が変化する花火が続きます。

この色の変化を写真で伝えることができませんが、写すと七色に輝く花火が現れました。

釈迦堂川花火大会

釈迦堂川花火大会は、バラエティ豊かな花火ショーで、夏の締めくくりに満足の一日になるでしょうね。

昼花火が打上高さの目安になること、そしてSNS上で見せていただいたのですが、さすが有料観覧席からの眺望が素晴らしいこと(三脚等は要確認)が分かったので、次回の宿題にしたいと思います。

釈迦堂川花火大会 イベント情報

開催日時 2019年8月24日(土)釈迦堂川花火大会 – ふくつぶイベント情報
住所 福島県須賀川市 市民スポーツ広場周辺
交通・駐車場 阿武隈小学校などが臨時駐車場として開放 一部有料駐車場もあり
見どころ 釈迦堂川周辺を中心に須賀川市内の様々な場所で観賞できる約10,000発の花火
ホームページ 須賀川市

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ