福島県内には元旦から登山を楽しむ地域があります。

そこは、新地町の鹿狼山

季節は既に3月になってしまいましたが、春の陽気に誘われて、鹿狼山トレッキングを楽しんできました。

もくじ

鹿狼山登山口

午後3時と登頂には少し遅い時間帯に訪れたものの、10数台停められる駐車場はほぼ満車。

私たちが停車した後にも数台車が訪れるなど、季節に関わらず登山が楽しめる鹿狼山の人気のほどが伺えます。

準備を済ませ、案内板でルートを確認します。

新地町 鹿狼山

ルートは、眺望コース樹海コース

まずは、案内板があった方へ向かうと、

そこに、登山口がありました。

入り口には鹿狼山神社の鳥居があり、

新地町 鹿狼山

鳥居の先には、鹿と狼が迎えてくれます。

新地町 鹿狼山

なぜ、鹿と狼なのかは少し先に置いといて、満開の梅の花を見ながら、歩みを進めます。

新地町 鹿狼山

太陽が大分傾いてきましたが、いかにも「春」といった様相に、気持ちも盛り上がってくるようでした。

橋を渡るとすぐに分岐点が訪れます。

新地町 鹿狼山

右手は歩行距離1.1kmの眺望コース

左手は歩行距離1.6kmの樹海コース

もちろん!? より距離の短い眺望コースを迷うことなく選択。

この選択により、日頃の運動不足の重大さに気づかされることなど、この時はまだ、気がついていないのでした…。

眺望コース

眺望コースへ入ると、すぐに石段が現れます。

すると、小学生の親子連れがにこやかに眺望コースを降りてきました。

私も意気揚々と歩みを進めます。

新地町 鹿狼山

登山コースは綺麗に整備され、登りやすい印象。

しばらくすると、相馬港や相馬共同火力発電 新地発電所も見えてきました。

新地町 鹿狼山

しかし、この頃から続く石段に疲労が溜まり始めます…。

時折、海の方を見て、さすが眺望コース

ここまで登ってきたぞと再度、気持ちを奮い立たせます。

新地町 鹿狼山

疲労で、ショルダータイプのカメラバッグが肩に食い込み、手のひらに握った約1.5kgの一眼レフがとてつもなく重く感じ始めましたが、

数百メートル置きに表示される登山距離の案内板に勇気を貰い、あの鎮守の森が山頂だと歩き続けます。

新地町 鹿狼山

結果的に、トレーニングで登山を楽しんでいる方々2組に、次々と追い越されながら、運動不足を痛感し、40分を過ぎたころ、ようやく山頂へとたどり着くのでした。

鹿狼山神社(山頂)

山頂に辿りつくと、鎮守の森周辺以外は開けて、見晴らしが良くなっていました。

新地町 鹿狼山

鹿狼山神社には、手長明神が祀られ、

新地町 鹿狼山

その手長明神は、狼と鹿と一緒にこの山に住んでいたことから、鹿狼山と名づけられたという言い伝えがあるそうです。
広報しんち2013年6月5日号 東北まち物語紙芝居化100本プロジェクト東北まち物語紙芝居化100本プロジェクト 鹿狼山と手長明神 参照)

祠の西側には、丸森町が広がり、

新地町 鹿狼山

東側には、新地町を一望することができました。

新地町 鹿狼山

この鹿狼山から手長明神は、長い手を伸ばし貝を採り、その殻を捨てた場所が新地貝塚 と言われているそうです。(新地ICより東の方)

樹海コース

景色を眺めていると、涼しい風も吹き、いつの間にか疲れも忘れてしまうようでしたが、寒くもなってきたので、今度は樹海コースを下ります。

新地町 鹿狼山

こちらには石段がほぼなく、両手にトレッキングポールを持って登山を楽しむ方もいるなど、非常に歩きやすそうでした。

新地町 鹿狼山

眺望コースにはベンチが2ヵ所。樹海コースには東屋が1ヵ所と休憩スポットに違いがありましたが、

私のような初心者は、樹海コースをおススメします。

鹿狼の湯

鹿狼山登山口から300mほどの場所には、鹿狼の湯があり、トレッキングで疲れた体を癒すのにも良さそうです。

新地町 鹿狼山

宿泊のほか、日帰り入浴(11:00~19:00)やレストラン(11:30~14:00)でのお食事も楽しめるそう。

この日はレストランの営業時間を過ぎてしまいましたが、自家栽培の十割そばを楽しんでみたいですね。

まとめ

鹿狼山は、手軽に運動できるほか、手長明神が海まで手を伸ばしたという気持ちが分かりそうなほど、眺めの良い風景が楽しめ、

新地町 鹿狼山

3月下旬には、いこいの森にカタクリが咲き、4月上旬~6月上旬にかけて、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヤマツツジが楽しめるなど、これからの季節、草花鑑賞にも最適なスポットでした。


新地町 鹿狼山 スポット情報

住所福島県相馬郡新地町杉目飯樋52
交通・駐車場国道113号線を丸森町方面へ。
鹿狼の湯看板を目印に北へ向かうと鹿狼山登山口駐車場がある。
料金
見どころ手軽に登れて、新地町、相馬港を一望できる眺めが楽しめる。
関連イベント2021.1.1中止 鹿狼山 元旦登山
ホームページ鹿狼山 – 新地町ホームページ

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ