福島県の会津地方はそば栽培が盛んで、夏の終わりには様々な場所でソバの花が観賞できることを前回記載させていただきましたが、今回は「綺麗な花が咲いているのにもかかわらず、勝手に生えている植物の花の方が注目されるそば畑」の謎を追ってみました。

訪れたのは9月上旬、ソバの花観賞には最適な季節ですが、せっかく咲いているのになぜ注目が薄いのでしょうか?

事実を確認すべく、そのそば畑がある金山町太郎布高原へと向かいました。

もくじ

太郎布高原へのアクセス

太郎布高原は、山頂にあるカルデラ湖沼沢湖の西側にあり、湖の近くを通るフェアリーロードを通って訪れることができます。

フェアリーロードを進みしばらくすると、小さな案内板を見つけ、その方向へと進んで行きます。

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

ここを訪れる前に、道の駅 奥会津かねやまに立ち寄っていたのですが、楽しそうに歓談する女性三人が、「炭酸水、買って行こうかな?」と大きな声で話していたので、「買った方がいいよ」思わず心の中で呟いてしまい、印象に残っていました。

どうして買った方が良いのか、ここでは言及しませんが、
しばらくすると、その三人は観光案内板の前で、

金山町 道の駅奥会津かねやま

フェアリーロードっていう道があるんだって!」、「これって蕎麦の薬味だよね!」と話す声も聞こえ、さすがにソバの花を観賞する人も居るだろう…、と思っていました。

そして…、国道252号線からフェアリーロードに入り、太郎布高原へ進む道中、残念ながら誰かとすれ違うこともなく、太郎布高原のそば畑へと到着。

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

なんと、この風景を贅沢にも独り占めしてしまいました。

でも、皆さんにも知って欲しいので、金山町を観光しながら検証してみることにしました。

避暑地と言えば…!?

冒頭にも記述していたのですが、金山町には山頂にあるカルデラ湖沼沢湖があります。

“2013年8月3日4日金山町沼沢湖にて沼沢湖水まつりが行われました。
山の中にあり木々に囲まれた沼沢湖は湖水浴を楽しむのにも良さそうです。”

沼沢湖は、湖水浴やオートキャンプのほか、福島県唯一のヒメマスの生息地、ブナ・ミズナラの森でのバードウォッチングなどのアクテビティも充実しています。
※詳細は沼沢湖畔キャンプ場 を参照ください。

国道252号線から沼沢湖へと向かう車やバイクは何台も見かけたので、その先にある太郎布高原のそば畑の認知度も上がると良いですね。

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

会津の伝統野菜!?

車を待避所に停車し散策してみると、道路とそば畑の間にちょっとしたのり面があるため、あまり近づくことはできませんでしたが、側道がある場所でそば畑の中に入ると、

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

遠くまで抜けるような景色が楽しめました。

しかし、案内板の写真を見た方はお気づきかと思いますが、この場所はアサギ大根畑として紹介されています。

9月上旬には真っ白いソバの花が咲き誇りますが、少し前の5月下旬~6月上旬には、アサギ大根の可憐な薄紫の花が一面に広がるそう。

そのアサギ大根会津の伝統野菜で、その殆どが金山町山間部で自生するという、珍しい植物なのです。
アサギ大根 – 会津の伝統野菜を守る会 参照

アサギ大根の花の季節にはまだ訪れたことがないため、写真はありませんが、アザキ大根(金山町) – ふくしまの旅 でその景色を確認すると、白いソバの花とはまた印象が変わった景色が楽しめそうですね。

ただ、可憐さは負けてませんし、何よりソバの花はドライブに良い季節に咲いていますよ。

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

夏が旬の特産品!?

広い太郎布高原のそば畑を進んでいると、どうやらそば以外にも栽培しているものがあるようです…。

金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑

そば畑の隣で、かすかに見えるオレンジ色の物体は、

金山町 道の駅奥会津かねやま

金山町のご当地キャラクター「かぼまる」でもお馴染みの奥会津金山赤カボチャでした。

赤かぼちゃは栽培しやすいため、多くの場所で生産されていますが、金山町産は栗やサツマイモに例えられるほど、糖度が高く食感も良いブランド品となっているのです。

御多分に漏れず、私も奥会津金山赤カボチャを求めて、道の駅 奥会津かねやまへと訪れていたのですが…。

金山町 道の駅奥会津かねやま

収穫時期も短く、お盆過ぎから1カ月ほどの期間しか販売していない人気の奥会津金山赤カボチャを購入するには、朝一番に来るのがベターだそうです…。

前回はこちらも売り切れだった赤カボチャソフトでしたが、

金山町 道の駅奥会津かねやま

今回は無事、購入できました。

花より団子というように、食べ物の魅力には敵いませんね…。

新たな観光スポット

そして、道の駅のすぐ裏手に、2020年7月東北電力奥会津水力館「みお里」 が開館しました。

金山町 東北電力奥会津水力館みお里

水力発電の仕組みだけでなく、奥会津や只見川流域の魅力も紹介するこの施設を見かけたら、訪れないのは損ですね。

まとめ

太郎布高原のそば畑ソバの花観賞に訪れたら、

  • 避暑地沼沢湖
  • 珍しいアサギ大根の花
  • 特産品奥会津金山赤カボチャ
  • PR施設みお里の開館

と、ソバの花以外にも、金山町の魅力をたくさん知ることができました。

5月下旬~6月上旬にはアサギ大根の花を楽しみたい!
そして、道の駅奥会津かねやま でも提供している、アサギ大根を薬味とした、高遠そばも味わってみたい!

どうやら、また金山町に訪れなくてはならないようです。

ぜひ、ソバの花を観賞して、やってくる新そばの季節も感じて欲しいですね。

そして実は太郎布高原のそば畑に訪問後、大塩天然炭酸場なども巡るのですが、思わず蕎麦への熱い気持ちで長くなってしまったため、別記事でご紹介いたします。


金山町 太郎布高原(たらぶこうげん)のそば畑 スポット情報

見ごろ期間 9月上旬
住所 福島県大沼郡金山町大字大志字糖塚
交通・駐車場 国道352号線から沼沢湖方面へ。
案内板に従い、沼沢湖西側のアサギ大根畑へ。
待避スペースに停車可能と思われます。
見どころ 山中に広がるそば畑とそばの花
ホームページ イベント情報 – 金山町
自然・歴史 – 金山町観光物産協会

地図

この情報は編集時の情報です。内容によっては現在と異なる場合がございます。予めご了承ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ